切手収集が趣味の方!レアな切手が見つかるかも?

まずは古い時代に発売された切手で保存状態によります

切手収集が趣味の方なら、古い時代の切手が価値があるのはご存知のはずです。もちろん、古い時代になると基本的に残っている切手が少なくまた、更に保存状態が良い状態で残っているものは更に少なくなります。有名な切手は月に雁とや見返り美人で保存状態が良いと一枚一万円で売られていることもあります。
この時代よりも少し後で発売された記念切手はかなりのかなりの方が持っています。というのも、切手集めがブームだった時代があるためです。しかし、残念ながら保存状態が良くないために切手の価値が下がっているものもかなりあります。切手を収集していてもいつの間にか切手のアルバムに湿気のためにくっついてしまったケースもあり、無理に剥がして破れてしまったものなどは価値は本当になくなります。

まずは、自分の家にある切手を探してみましょう

とは言うものの自分の家で切手があるかどうか探してみましょう。子供の頃、切手を集めていたという方は案外多く、大人になって忘れてしまったという方は結構います。当時集めた切手の中に偶然、今は価値のある切手があるかも知れません。そこで、インターネットなどで調べてみて、価値がありそうだと思えば、古銭や切手の趣味を収集しているお店に持ち込んで買取してもらいましょう。
どの程度の値段がつくかで自分が持っている他の切手の価値も推定できます。また、当時集めた切手で保存状態の良いものを全て見てもらうとどのくらいの価値があるかわかりますし、もう自分で持っている意思がなければある程度の値段で売って、切手を集めている人に所有してもらうことも一つの手段です。